高知病院の沿革
  1. トップページ
  2. 高知病院について
  3. 高知病院の沿革

高知病院の沿革

明治26年(1893年)4月 病院開設
明治28年(1895年)4月 病院を県庁前(現高知市役所、市民図書館敷地)に移転する 病床数250床
(診療科目/内科・外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・皮膚科)
昭和20年(1945年)7月 高知空襲のため病院焼失
昭和22年(1947年)8月 病院を現在の相生町に移転する
(高知市区画整理により県庁前と相生町・旧第二小学校跡地と交換)
昭和27年(1952年)4月 医療法人野並会設立
病床数51床(診療科目/内科・外科・呼吸器科・放射線科)
昭和42年(1967年)8月 病院本館(現在の旧館)新築 病床数144床
平成7年(1995年)4月 新館落成と旧館改築工事竣工
平成8年(1996年)1月 許可病床数124床
(一般病棟20床・療養型病床群104床)へ変更
平成8年(1996年)7月 介護老人保健施設あいおい開設
平成15年(2003年)9月 回復期リハビリ病棟48床開設
平成19年(2007年)11月 介護療養病棟54床を医療療養病棟54床へ変更
平成20年(2008年)2月 一般病棟26床、医療療養病棟50床、回復期リハビリ病棟48床へ変更
平成26年(2014年)4月 野並会ビル落成
平成27年(2015年)8月 高知病院改築工事竣工
平成27年(2015年)9月 一般26床、医療療養病棟48床、回復期リハビリ病棟50床 計124床
平成29年(2017年)4月 サービス付高齢者住宅「casa N とさ」開設
平成29年(2017年)6月 キッズルームあいあい開設