理念と方針
  1. トップページ
  2. 高知病院について
  3. 理念と方針

理念と方針

病院の理念

私たちは、今後、地域から求められる『治し支える生活支援型医療』に視点を置き安心・安全な医療を提供します。

院長方針

  1. 病院の役割と機能を生かし、適切な医療を安心して受けられる医療サービスで地域に貢献します。
  2. 他の医療機関、在宅サービス機関との連携を大切にします。
  3. 利用者の尊厳・権利とその責任を明確にし、情報の公開と満足度の向上に努めます。
  4. 全職員のメンタルを含めた健康への配慮のある職場環境作りを、実践します。

看護部の理念

高知病院の理念に基づき、患者さんが 安心して地域で暮らせるよう「つなぐ看護・介護」を提供します。

看護部の基本方針

  1. 専門職としての自覚と責任を持ち成長を続けます。
  2. 患者さん本人にとって最善の方法を考えます。
  3. 多職種および地域との連携を蜜にし、安心安全で切れ目のない看護・介護を実践します。
  4. 豊かな人間性と協調性を持って行動します。
  5. チームワークを大切にし、働きやすい職場環境の充実を図ります。

役割と機能

  1. 高知病院は、利用者を生活者の視点でとらえ、病院と地域を一体と考えて、切れ目のない医療・看護・介護・リハビリテーションを提供します。
  2. 高知病院は、高知県の特性に沿って適切なチーム医療を提供し、地域包括ケアシステムを推進します。

患者権利憲章

患者さんの権利を尊重し、信頼関係に基づいた良質な医療を提供するために、医療法人 野並会 高知病院の理念に基づき、ここに「患者権利憲章」を制定します。

  1. 患者さんは、個人として常にその人格を尊重され、良質な医療を平等に受ける権利があります。
  2. 患者さんは、病状と経過、検査や治療の内容などについて、理解しやすい言葉で説明を受ける権利があります。
  3. 患者さんは、十分な説明と情報に基づき、自らの意思で医療内容を選択する権利があります。
  4. 患者さんは、自らの診療情報の開示を求める権利があります。
  5. 患者さんは、個人の情報及びプライバシーについて保護される権利があります。
  6. 患者さんは、継続的な医療を受けるために、必要に応じて適切な医療機関の紹介を受ける権利があります。
  7. 主治医による診断や治療の説明のほかに、他の医師の意見も聞いて納得して治療を受ける権利があります。

患者さんの責務

  1. 自らの健康状態を自覚して健康の保持増進に努めてください。
  2. 医療提供者に対して患者さんの病気について情報をできるだけ正確に伝えてください。
  3. 病院の規則を守り、病院を利用する方々への迷惑になるような行為は慎んでください。
  4. 医療費は速やかにお支払いください。
  5. その他、円滑な診療を受けるために、医療従事者の指示に従ってください。

高知病院 臨床倫理指針

  1. 患者さんの人権と十分な説明と同意による自己決定権を尊重します。
    また、医療行為の選択にあたっては、セカンド・ピニオンを聞く権利を保証します。
  2. 関係法規、ガイドラインを尊重して医療を行います。
  3. 患者さんの信条や生命の尊厳に関する問題については、臨床カンファレンスで審議して治療方針を決定します。
  4. 臨床研究など倫理的課題については倫理委員会で審議します。
医療法人 野並会 高知病院 院長
野並 誠二